検索

新コロナによる影響は

毎度様です。

加工担当のトノサキです。

4月の加工も落ち着き、そろそろ2019年度の受付も終了となります。


りんごの栽培管理、加工作業には「いまのところ」新コロナによる大きな影響はありません。

が、当方のりんごやジュースをお使いいただいている飲食店様は

やはり大きな影響があり、今、休業していることろもあります。


また、弘前市内でも、喫茶店や飲食店の老舗が閉店する影響も出ています。

この事態が収集する頃には、今までの社会の流れと景色が確実に変わるんだろうなぁと

肌で感じています。


生産、加工と食に携わる人間として、たとえ果物とはいえ、

食を世に出す役割はあるとして。

2020年度は厳しい情勢ですが、頑張っていこうと思います。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

まいど様です。 津軽りんご加工センターのトノサキです。 9月に入り、りんごの早生種の収穫も本格的になってきました。 りんごジュースの加工についてのお問い合わせも増えてまいりました。 本年度の加工受付開始は 【9月10日】 からとなります。 また、加工場稼働は【9月13日】以降となります。 (持ち込みいただいたりんごの量によります) 年々、りんごの収穫が早くなり、もっと早くから加工稼働したほうがよい